徒然狸 -タヌキの日記-

冬が来たんじゃない、秋が深まったんだっ

今年も俳句について

毎度おなじみお~いお茶新俳句大賞。

受賞から遠ざかって久しいですが、今年も挑戦します。

ちなみに今年は5句の応募。

・正月の帰郷

・早朝出勤の風景

・夜の雲

・夏への郷愁

・広々とした田舎風景

です。

 

ところで前回の大賞句。

毎度のことながら大賞句は桁違いにすごい。

 

獅子舞の 口へ 太平洋の風

 

せっかくなので鑑賞してみます。

この句のすごさは、場面転換です。

獅子舞

この単語は見た人の中に、それぞれ自由なお正月の風景を瞬時に湧き立たせます。

それはたぶん多くの場合、とても幸福な絵柄として静止画になるでしょう。

しかしそこに「太平洋の風」と置かれることで、一瞬にして想像の風景は海原に置き換わります。

反射的に、自分が思い描いていた正月の風景と、海との調和が図られるのではないでしょうか。

つまり、自分の過ごすお正月と、海。

自分の家が海のすぐそばにあり、その道端で行き会う人人と、正月を祝っている。

そんな風景が醸成されます。

自分の家が海辺にある、大部分の人にとってそれは、夢の中で見るような不思議な光景で、一度はあこがれた風景で。

そんな懐かしい幻想を、一瞬で、一瞬だけ、見せてくれる。

魔法のような俳句。 

 

徒然狸 ―タヌキの日記―

 

※後記

意図か偶然かしれませんが、もう一つすごさが見つかりました。

俳句と言うのは五七五の区切りから成りますが、この句は

獅子舞の|口へ太平|洋の風

というような構成になっています。

太平洋 という大きな言葉が

太平|洋という用いられ方をしたことで、日本人の意識の中にだけ現れる、ゼロ秒の区切り符が含まれ、より大きな言葉に膨らんでいる。

うーーーん。。。。。。。

 

筆者は盲導犬尊敬し、個人的に応援しています。
中部盲導犬協会:http://www.chubu-moudouken.jp/
日本盲導犬協会http://www.moudouken.net/

 





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。