徒然狸 -タヌキの日記-

マスク越しの、季節のにおい……。

約束について

その人と出会ったのは高校の授業だった。
うちの高校は三年次に選択科目が色々選べて、完全理系だったおいらはそのひとつに「理科実験」ってのを履修した。
その人が講師だった。
高校の先生じゃなく、外部の教育系企業から来ていた。

若い女性だ。
せんせーの専門は物理学。
おいらは化学畑で物理学なんてほとんど触れたことがなかったんだけど、せんせーの授業は超実践的で奇想天外で、あっというまに引き込まれた。
あるときなんか、授業開始と同時にストロー100本とテープ1巻き、そして生卵が1つ配布された。
「いまから皆さんに、卵ケースを作ってもらいます。
 卵ケースの材料はストローとテープだけ。テープはタマゴに貼り付けてはいけません。
 出来上がった卵ケースに卵を入れて、3階から地上に落としてください。
 卵が割れなかった人だけ点数(出席点)を与えます」
アホほど興奮した。

高校卒業・大学進学と同時に、せんせーの所属する企業でアルバイトさせてもらった。
内容は、子供向けの科学実験教室とか科学ショーのサポート。
実験に必要な資材の買い出し、下ごしらえ(工作)、そして本番のサポート。
実験教室とかショーは、日本全国から依頼を受ける。
だからバイトなのに泊りがけの出張が頻繁にあった。
北は北海道から、南は広島・高知まで全国を渡り歩いた。
東北の最果てみたいな漁村にも行ったし、広島の地下街だの東京の公園だのの特設ステージとか、
小中学校の体育館とか科学館とか、ほんと色んなところで教室やショーをした。
イベントが立て込んでるときは、一つのイベントを終えたらあとは他のスタッフに任せて、
せんせーと二人で次のイベント地に旅立ったりとか。
ほとんど旅芸人だ。
出張先で時間が空いたら観光とかもいっぱい行った。
いちどだけだが、仕事とは関係ない旅行に行ったこともある。

ショーのサポートと言っても、おいらもいろいろ役割が与えられた。
きぐるみを着て楽器を演奏したり、飽和食塩水を頭からかぶるピエロ役になったり、
せんせーの「いじわる」で実験に失敗して子どもたちを笑わせたり、
場面転換の時間稼ぎにパントマイムをやったり、講師が複数必要なイベントではおいらもひとりで講師をやったり。
技術的なところでは危険物や高圧ガスを任されたり。
大舞台の音響制御やスクリーンに映す映像出力とか、本当にいろいろなことをさせてくれた。
テレビやラジオにも何度も出演した。
みんな知ってる有名番組に出て、有名な芸能人にもたくさんあった。
数年前も正月特番に出たから、たぶんおいらの顔を見た人もいるはず。

時間がちょっと戻って
二十歳になってからは打ち上げでせんせーとお酒を飲むのが楽しみになった。
打ち上げ以外でも飲みに行って、その後は当たり前のように二人でカラオケ。
ふだんはザ・仕事のできる女だったけど、お酒飲むとはちゃけて、飲みすぎて踊りだしたりして。
べろんべろんになったせんせーを担いで自宅に送り届けたりとか。
本当に楽しかったんだ。
ほんと、お仕着せのリア充を鼻で笑っちゃうくらい素敵な年月を過ごした。
いつしか、おいらはせんせーが東京に出てきてから一番古い友人になっていたらしい。

そんなこんなを、結局大学を卒業して大学院に進んで称号を頂いて、就職してからもずっと続けてきた。
就職してからは副業不可だったから、ボランティアって形で。
せんせーと出会ってから、まる20年。
わお。

でも少し前から急にせんせーからの連絡がすくなくなって。
あるとき、LINEメッセージで胃が凍りついた。

「体調悪くて病院行ったら、癌なんだって。びっくりだよね^^;」

メッセージは、本当にこんな文面だった。
死の恐怖に直面してなお、誰かを思いやれる、優しくて強い人だったんだ。

そこからせんせーの闘病生活が始まった。
抗がん剤治療のときは入院しなきゃいけなくて、でも病院食が美味しくないんだよねぇ・・・
だから病室でも作れるレトルトみたいなの探して、これどうよ? お、いいね~
なんども入退院を繰り返していた。

それでも寝たきりみたいなのじゃなくて、調子のいいときは普通に仕事をしてるらしかった。
電話でも話した。
その企業の手伝いでせんせーの家の直ぐそばまで行って、だけどたまたませんせーの調子が悪くて会えないこともあった。
せんせーは電話で「会いたいなぁ・・・」って言ってくれて
おいらは「近くにいるんだから、またすぐ会えますよ」って返した。
元気づけるつもりだったんだ。
このときのおいらは、本当にアホだった。
抗がん剤が効けば、以前のようにはいかなくても、また一緒にステージに立てるんだって、ほんとうにそう思ってた。

しばらくのち、せんせーが緩和ケアに入るという連絡を受けた。
つまり、抗がん剤が効かなかったんだ。
抗がん剤のせいであんなにも苦しんでたのに。
お見舞いに行きたかったが、コロナ云々で病院は面会謝絶。
コロナのせいで死に目に会えなかったっていうニュースが思い出された。
このとき、本気でコロナを恨んだ。
世界が死にゆくものに見えた。

ある日、先生の調子が悪いっていう連絡を受けた。
おいらにはなにもできることがなくて。
そこからは一瞬だった。
4月26日、メールが届いた。
「先生が亡くなりました」
おいらの部屋には、せんせーのサイン色紙が飾ってある。
2007年の日付で、ペンギンのイラストが入ったかわいいやつだ。
それが、形見になった瞬間だった。

せんせーとは2つの約束があった。
ひとつはおいらの無責任な一言「またすぐ会えますよ」。
今書いて、この文字列を見るだけで自分を滅多打ちにしたくなる。
そしてもうひとつは
「キミがノーベル賞を取ったら記者会見で、今の自分があるのは先生のおかげです、って言いなさいw」
これは15年以上も前か、せんせーがふざけて言ったのだと思ってた。
だけどおいらが就職したとき、せんせーが自著にサインしてプレゼントしてくれて、そこには

「そのとき」が来るのを楽しみに待ってます

って書いてあったんだ。
あまり昔のことだからおいらは一瞬なんのことかわからなかったんだけど。
すこしして気づいた。
ノーベル賞は大げさにしても、
せんせーはおいらを信じてくれてるんだって。

約束。
ひとつめのはもう、だめになっちゃったけど。
ふたつめのは、まだ 手遅れではないんだ
おいらが生きている限り。
だからせんせー、高いところから見ててよ
おれ 頑張るから。

 

徒然狸 ―タヌキの日記―

カレーについて

何を隠そう、これまでおいしいカレーを作れたことが一度もありません。

何かコクがないような、スパイスのバランスが悪いような、味気ないような、脂っぽいような。

こんなことを書くとスパイスを自分でブレンドしていると勘違いされますが、市販カレールゥを使ってこの体たらくです。

とにかく手を変え品を変え、いろいろやってもおいしくない。

意味が分からない。

もういいやと思ってから数年経ち。

ふとシチューが食べたくなったのでこれも市販ルゥを使って作製してみる。

……普通にうまい。

2L鍋一杯のシチューが2日でなくなるほどうまかった。

ふむ。

 

カレーがおいしくならない理由。

料理の腕や火力や鍋のサイズなど根本的なところに原因があるのかと思っていましたが、もしかしたらそうではないのかもしれない。

ちょっと一度リセットして、作製条件を見直そうじゃないか、と科学者の心に潜む暗い悪魔がささやきました。

そしてXMINDを使用してマインドマップを作成し、問題のありそうな因子を抽出。

f:id:Mad-Tanuki:20220326195210j:plain

一つずつ潰していく。

結果。

 

・使用するカレールゥ

最も当たり前の味と思われるバーモントカレーを使用。

辛いのが好きだが、辛口だとスパイスのブレンドが望まない方向に振られている可能性があるため、中辛を採用。

エバラ焼き肉のたれでも、辛口は豆板醤の香りが強くてあまり好きではなかったりする。

 

・具材の分量

できるだけ箱裏の指示に従う。

カレーの肉ってあまり興味なく、少なめに入れていたがきちんと指示書通りに投入。

ただ、牛肉だと肉の味が強くて研究に支障が出そうだったため、豚の切り落としを採用。

 

・調理過程

玉ねぎはあめ色になるまで……という説があるが、あまり意味がないと判断。

薄く色がつくくらいに具材を炒め、さっさと水を投入。

シチューの作製指示書によるとジャガイモは後入れでも問題なさそうだったので、水を張ってから投入することに。

またリードの「あくと油を取るシート」みたいなのをかぶせ、余計な油を吸わせる。

 

・味調整 酸味

ルゥまで指示通りの量を入れてもやはり味気ない。

そこでまず酸味を加える。

……カレーに福神漬けを入れる通り、カレーというのは甘酸い方向に寄せるとうまくなるのである。

加えるのはウスターソース

加減しながら徐々に加えていき、大匙4(60ml)がベストと判断した。

バーモントカレーのルゥ半量、6皿分の場合。

 

・味調整 辛味

やはり辛くあってほしい。

情報筋によればカレーの辛味は唐辛子に含まれるカプサイシンと、胡椒に含まれるピペリンから成るとのこと。

一味と胡椒をそれぞれ10振り投入。

 

・味調整 スパイシーさ

やはりこのままでは味に尖りがない。

ので、エスビーのカレー粉(赤缶)をティースプーン山盛り1杯投入。

 

この結果。

想像していた完璧な味のカレーになりました。

ウスターソース大量投入のせいで多少甘みが強く賛否分かれそうですが、家庭のカレーの味としては最高峰と自画自賛できます。

 

以上、自分のためのメモ。

 

筆者は盲導犬尊敬し、個人的に応援しています。
中部盲導犬協会:http://www.chubu-moudouken.jp/

中部盲導犬協会ほしいものリスト:Amazon.co.jp
日本盲導犬協会http://www.moudouken.net/

新年について

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

そして例年ですとここに今年の抱負を書くのですが、本日、朝から晩まで脚を棒にしてやっていた実験が

f:id:Mad-Tanuki:20220107222225p:plain

状態だったので、ちょっと何も考えられません。

そのうち抱負ります。

 

f:id:Mad-Tanuki:20220107221151j:plain

徒然狸 ―タヌキの日記―

 

追記1/26

第2弾実験が斜め上方向で暴れていますが、

今年の目標は ギアアップ です。

 

筆者は盲導犬尊敬し、個人的に応援しています。
中部盲導犬協会:http://www.chubu-moudouken.jp/

中部盲導犬協会ほしいものリスト:Amazon.co.jp
日本盲導犬協会http://www.moudouken.net/

警察について

今夏、区画整理により住所が変更になりまして。
引っ越してもいないのに各所に住所変更手続きをする必要が生じていました。ちくしょう。
Webでできるものはすぐ済ませたのですが、紙の手続きが必要なものはなかなか時間がとれず、放置しておりました。
しかし幸い、綿密なる根回しと仕事の濃縮の結果、24日の仕事納めを達成。
12連休を勝ち取りました。
休み明けには完全にボケていることでしょう。
初日から実験の予定なので、200ボルトで感電死しないように気を引き締めなければなりません。

で、本日ひさしぶりに平日の休み。
放置していた住所変更手続きやら、なんやらかやら、町を徘徊しまくりました。
手始めに床屋、銀行3軒、役場でマイナンバーカードの住所変更、警察で免許証の住所変更、病院で常備薬受けとり。
ちなみに銀行はもう1軒、口座を開設しようと思っていましたが。
師走も相まってか、月曜の午後って結構混んでるんですね。
40分待ちするほど急ぎではなかったのでまた後日ということにしました。

で、警察にてふと思う。
正面玄関から入ると、ふつうに免許関係の窓口がずらり。
免許センターの回し者かよと思うほどで、自動化も進んでいてスムーズに手続きできるようになっていました。
しかしこれでは、自首しにきた人はどうすればいいかと戸惑うことでしょう。
気の弱い方なら、なんだか場違いだな、やっぱやめとこうか……などと思うこと請け合い。
これではいけません。
公共機関たるもの、弱い立場の人こそ歓迎し優先すべきです。

 

警察の正面玄関にはまず、ピンクに白抜きで「自首の方、大歓迎!」「自首仲間紹介キャンペーン実施中!」「いま自首すれば(裁判長の心証)ポイント3倍!」「国選弁護人のチェンジ2回までOK!」云々と書かれたのぼりが軽やかに翻っているべきです。
そして一歩ロビーに入れば真正面に立看板。縁には金のモール、白板にポップ体で
「歓迎 ようこそお越しくださいました 自首の方は1番の窓口へ」。
ふと見ると壁のポスターにはほっこりと微笑む竹下景子の胸元に「きょう、自首びより」。
窓口では恰幅のよいおばちゃん警官が待ち構えていて、「なーにあんた、やっちゃったの?まあ、よくきたね。こっち上がんなよ、ほらほら」などと、なんだか御輿を担ぐ感じで案内してくれるーー。

と、これくらいのことをすれば、犯罪者諸兄も「天気も良いし、ちょっくら自首しようかナ?」などと軽い気持ちで自首することができるのではないでしょうか。

警察機関の皆様、ぜひご一考を。

 

徒然狸 ―タヌキの日記―

 

筆者は盲導犬尊敬し、個人的に応援しています。
中部盲導犬協会:http://www.chubu-moudouken.jp/

中部盲導犬協会ほしいものリスト:Amazon.co.jp
日本盲導犬協会http://www.moudouken.net/

寝疲れについて

ひどく現実的というか、生々しいというか、起きた後まで「うわ夢でよかった」という悪夢を見る。

ロンドンかどこかに出張に行っていて、現地ではレンタカーを借りて動いていた。

仕事が終わり、空港へ移動。

次の出張地のドイツかどこかに飛行機で飛ぶ。

さて空港を出るかという段になって気づく。

バックパックがない。

そういえばずっと持っていなかった気がする。

どこか店とかに置き忘れたのか?

いや自分の行動パターン的にそれはない。

じゃあどこに置いた?

そうだ、車の中だ。

ポケットを探ると、レンタカーのキーが出てくる。

そうか、イギリスでレンタカーを返却し忘れて、普通に駐車場においたまま飛行機に乗りドイツに来てしまったのだ。

そしてバックパックはレンタカーの中。

最悪である。

バックパック紛失というより、レンタカーを返していないという人さまに迷惑をかける失態。

パニックになり、上司に電話して気づく。

やばい日本は深夜だ。

それでも上司は電話に出てくれて、「レンタカーを買い取ってしまう方が早いな」とのアドバイス

なるほど、イギリスに飛行機で戻ってレンタカー返してまた飛行機でドイツに移動して、しかも仕事に間に合わなくなるより、レンタカーを買い取ってしまって返さなくて済むようにした方が、経済的損失は小さい。

おお、その手があるのか……と思ったところで目が覚める。

納得した分、かなりの現実感を伴って夢をひきずる目覚め。

とりあえず日本にいることを確認、あとズボンを探ってレンタカーのキーがないことも確認。

スーパー疲れた朝からの、リアル出勤。

 

ただ、夢診断によれば、吉夢らしい。

f:id:Mad-Tanuki:20211012232007p:plain

ちょっと救われた気がする、

徒然狸 ―タヌキの日記―

 

筆者は盲導犬尊敬し、個人的に応援しています。
中部盲導犬協会:http://www.chubu-moudouken.jp/

中部盲導犬協会ほしいものリスト:Amazon.co.jp
日本盲導犬協会http://www.moudouken.net/

アセロラについて

アセロラドリンクが大好きである。

濃密な酸味も透き通る赤色も最高。

だがふと気づく。

そういえばアセロラを生で食べたことがない。

リンゴジュースもオレンジジュースもジンギスカンキャラメルも喫食したことがあり、またリンゴもオレンジもジンギスカンもそれ自体を食べたことがあります。

でもアセロラを食べたことがないのは不覚でした。

そう気づくと食べたくなる。

見た目は何となくさくらんぼっぽいですが、ビタミンCがレモンの何十倍とか含まれているそうなので、かなり酸っぱいのでしょうか。

酸っぱいもの好物です。

アセロラ、食べたい。

というわけで、通販してみました。

f:id:Mad-Tanuki:20210920141121p:plain

ふむ。

サクランボというよりは、小さなトマトのような風貌。

早速食べてみる。

あれ・・・あまり酸っぱくない。

そして適度に甘い。

これは・・・なんだっけこの味は・・・。

わかった。

みかんだ。

そう気づいてみれば、味も香りもかなりのみかんっぷりでした。

そしてびっくり。種がでかい。

スターフルーツを平べったくしたような形状の種が3つ入っていて、果実の体積の半分近くを占めている感じです。

いや、何でも試してみないとわからないことがたくさんあるもんですね。

・・・そういえば私はビールが好きですが、その原料となるホップを食べたことがありません。

ホップとは食えるものなのか?

そもそもなんなんだあれは、木の実なのか?果実なのか?野菜なのか?草なのか??

・・・ただ、予想としてあまりおいしくはなそうなので、暇で狂い死にそうになったらためしてみることにします・・・。

 

徒然狸 ―タヌキの日記―

 

筆者は盲導犬尊敬し、個人的に応援しています。
中部盲導犬協会:http://www.chubu-moudouken.jp/

中部盲導犬協会ほしいものリスト:Amazon.co.jp
日本盲導犬協会http://www.moudouken.net/

電子工作について 第1話~エレキの目覚め~

というわけで、初めての電子工作をやってみました。

昔からやってみたかったのですが、特に作りたいものがなかったので手を付けていなかったのです。

ところが会社で個人的に道具が欲しくなる。

内部がマイナス40度になる実験装置があるのですが、その中が薄暗いのです。

なので懐中電灯を突っ込んでいたのですが、電池って、極低温に弱いんですよね。

あっというまに電圧が低下する。

温めれば治るわけでもありません。

1実験で電池1セットが死んでいきます。

これはひどい

激しくもったいない。

 

ネットでデータシートを見た限り、光源のLEDは熱には弱いですが、別に低温でダメージを受けるわけではないらしく。

電池だけが低温NGらしいのです。

ということならば、LEDはマイナス40度の装置の中、電池は装置の外においておければよい。

そういうアイテムを探してみたのですが、なかなかいいのがない。

もちろん、LED蛍光灯みたいに、100ACVや24DCVで動作するLED光源ならば、光源と電源を離れた場所に設置することは可能です。

だけど既製品は高い。

格安のものでも万円単位になってきます。

おk、自分で作るしかあるまい、というわけで作りました。

 

とりあえずネットで入門情報をいくつか読んで、はんだごてとか錫メッキ線とか必要なものをピックアップ。

・・・・・素材系は安いですね。

LEDなんか5個あればよかったのですが、100個700円などというかわいそうになる価格。

なんだかんだ、材料費正味300円以下でできました。

 

f:id:Mad-Tanuki:20210710171138j:plain

 

電源遠隔型LED光源!

まあやってることは豆電球を電池につなぐのと同じことですが、ちゃんとユニバーサル基盤にはんだ付けとかしてます。

激しく適当ですが、一応導通してるから大丈夫でしょう。

3DCVで燃えることもないでしょうし。

いくら初めてでもこれだけ簡単なものなら何とかなるんですね。

まあ、これをマイナス40度に突っ込んで凍結したときに何が起こるかは、また別のお話ですが。。。

 

さて、このままだと基盤の裏側に金属配線がむき出しのため、金属の装置内に置くとショートする可能性があります。

現在、M2ボルト類とM2.1ドリルキリを注文中。

手持ちのプラ板と合わせて裏にカバーを取り付ける作戦です。

 

徒然狸 ―タヌキの日記―

 

筆者は盲導犬尊敬し、個人的に応援しています。
中部盲導犬協会:http://www.chubu-moudouken.jp/

中部盲導犬協会ほしいものリスト:Amazon.co.jp
日本盲導犬協会http://www.moudouken.net/

 





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。