徒然狸 -タヌキの日記-

明けぬ夜の燈明

ハイジンについて

というわけで、今年も二次審査通過通知が来ました。
が、今年はちょっと違う。
これまではまず、往復はがきが届いていてたんですよ。
俳句自体に間違いがないかなど、簡単な確認のためです。
で、そのあとに電話が来て、その俳句を詠んだ時の情景や感情なんかを聞かれる。
それが、今年からはそれらがいっぺんにWebで回答できるようになりました。
つまり封書でURLとパスワードが届き、必要な手続きをするシステムです。
(郵送でも手続き可)
俳句大賞まで電子化と省力化の時代かと思うとやや遠い目になりますが、まあ会議の途中で伊藤園から電話がかかってきたりするのも困っていたので便利といえば便利。
うーむ、シテオク。
 
ちなみに通ったのは蝉の命のやつ。
他の5句はもうだめだと思いますが、時間差でノミネート通知が来ると困るのでもう少し待ってから公開します。
・・・たまには公開しないと、ちゃんと応募してるのか謎だし。
 
徒然狸 ―タヌキの日記―
 

筆者は盲導犬を尊敬し、個人的に応援しています。
https://www.moudouken.net/





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。