徒然狸 -タヌキの日記-

明けぬ夜の燈明

俳句について

第26回お〜いお茶新俳句大賞の入選句発表。
今年も残念ながら、入選はしましたが入賞には至りませんでした。
だんだん感性が鈍ってきているのかもしれません。。。
 
佳作
蝉たちが 七日間ずつ 夏を編む
 
その他落選句
電車降り 夏だったことを 思い出す
お盆過ぎ 夏の暑さの 残るだけ
秋虫の 声も次第に 遠くなり
今日はまだ 息白くない 澄んだ空
暖かく ろうそく匂う 聖夜かな
 
徒然狸 ―タヌキの日記―
 

筆者は盲導犬を尊敬し、個人的に応援しています。
https://www.moudouken.net/





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。