徒然狸 -タヌキの日記-

冬が来たんじゃない、秋が深まったんだっ

エンゲージ

金曜日、賞与の明細を見る。
すべてのステータス異常が回復した!
 
土曜日、戦争に行く。
千葉県のフィールドでして、半屋内ということなので普通の雨靴で行ったところ。
なんのことはない、下は土。
直前まで雨が降っていたこともあり、ドロドロになりました。
いやはや。
で、えーとですねー。
敷地面積は一般的なかまぼこ型体育館位なんでしょうか。
広い空き地に、民家や工場などを模したハリボテの建物がいくつも建っている感じで、ほかにもドラム缶やパレット、廃車などいろいろなオブジェクトが配置されていて多数の死角を作り出しています。
このフィールドの中、2チームに分かれて殺しあうわけですね。
 
で。
所感ですが。
まず予想通りすごい運動量です。
すげえ勢いで疲れました。
そろそろ真冬、Tシャツの上にウィンドブレーカを羽織っただけの軽装でしたが、すぐに汗だくに。
ちゃんと迷彩服をきてる人なんか、体から湯気が出てました。
 
そして、基本的には中腰で走りまわるので、太ももがすごい勢いで疲労します。
翌日、つまり今日、階段を昇降するのが困難なほどの筋肉痛に襲われました。
後背筋と大胸筋もちょっと痛いです。
ビバ運動不足。
 
予想より弾が痛い。
ウインドブレーカのところはさすがに痛くはありませんが、手袋、ジーンズはかなり痛いです。
特に手袋越しに中指にあたった部分は未だ腫れています。
まあ触らなきゃなんともありませんので実害はないですが・・・。
次回は手袋は二重にして、ズボンは作業ズボンの下に股引を履く感じがいいですな。
ただ、痛いとうことがあって、予想以上に怖い(笑)
電動機関銃はノーマルでも毎秒15発は飛んできて、そこらじゅうで跳弾するので、遮蔽物に隠れていてもかなりの緊張感です。
これが戦争か、というのを実感できました。
基本的に、隠れている敵はどこにいるかわかりません。
撃たれても弾が見えるとは限らないので、跳弾の音だけで相手の位置を推測するしかありません。
大体目星をつけて覗くとまた飛んでくる。
・・・これ、BB弾だからいいですが、実弾だったら一発で終わりですからね。
兵士は凄いと素直に思いました。
 
さて、追加購入物品が浮かんできました。
○フェイスガード。
今回は実験用ゴーグルだけで口元はがら空きなので、被弾したらやばかったです。
○手袋もう一つ。
一重じゃ痛いです。
コンタクトレンズ
なんと人生初コンタクト購入検討のきっかけがサバゲ
メガネだと、曇ってきてしまうのです。
フェイスガードをつけるにしても、メガネだと邪魔です。
○ももひき。
またはタイツか。
○通気性の高い薄手の上着
真冬のウインドブレーカでも暑いのに、春以降どうするんだと。
○専用のスニーカー。
毎回泥まみれになってはかないません。
○電動ハンドガ
今回はサイドアームとしてガスハンドガンを装備していましたが、気温が低いためガスがうまく気化できず、出力がかなり落ちていたので・・・。
 
さて、次は1がつだわ〜
 
レッツキル
徒然狸 ―タヌキの日記―
 

筆者は盲導犬を個人的に応援しています。
下記のリンク先にあるボタンをクリックすると、(社)日本盲導犬協会に対して1円が募金されます。
どうか、ご協力ください。
http://kakaku.com/donation/
募金は株式会社カカクコムが代行して行いますので、あなたには金銭的負担は生じません。





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。