徒然狸 -タヌキの日記-

明けぬ夜の燈明

平和について

そういえば大根の煮物が食べたいなと思っていて
きょうコンビニに入ったら
大根があった
うれしかった
 
いつしか感じなくなった硝煙のにおい
血の匂い
タイヤの焦げる匂い
肉の干からびる匂い
代わりにまとわりつく破裂音
打ち上げ花火のような
爆竹の様な
距離はあまり関係ない
乾いた音が聞こえるたび、反射的に頭を下げないとすぐ死ぬ
肉眼で学んで身に付いた行動
飢えて死ぬことなんてとっくに怖くはなくなっていた
いざとなれば
食べるものはそこここに転がっているから
 
うれしいって何だろう
うれしいって何だっただろう
思い出せない
考えられない
考えたくない
考えていたら、死んでしまうから
 
徒然狸 ―タヌキの日記―
 

筆者は盲導犬を尊敬し、個人的に応援しています。
https://www.moudouken.net/





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。