徒然狸 -タヌキの日記-

明けぬ夜の燈明

打ち上げとベナール

本日は夏の打ち上げということで、教授主催の元たらふく飲ませていただきました。
うちの研究室は都合三十人弱いるので普段の宴会はまあ、ひどい騒ぎようなのですが、今回は参加人数も少なく比較的穏やかではありました。
やはり飲み会は静かなのがよろしいです。
 
徒然狸 ―タヌキの日記―
 
 
もう秋なんですね……。
ちなみに鰯雲がどうして秋の雲かといいますと。
秋は待機の状態が安定しているため、日光により地表が温められるとベナール対流が発生します。
対流によって上昇した空気がある高度まで到達すると、空気に含まれる水蒸気が凝集して雲を形成します。
そのために、あんな風に小さな雲が均一に出来るのですね。
 
酔い始めると意味不明
徒然狸 ―タヌキの日記― 
 
ところでこの携帯、一つだけ気に入っているところがありまして。
空が妙に綺麗に撮れるんですよね。
不思議。
 
徒然狸 ―タヌキの日記―





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。