徒然狸 -タヌキの日記-

明けぬ夜の燈明

久しぶりに夢について

このところ、定期的に見る夢があります。
モラトリアム――大学の夢。
大学に行かなければいけないことをすっかり忘れていた、というところから始まります。
例えば現在は10月で。
そういえば4月から学校に行かなければいけなかったのだけど、すっかり忘れていた。
ヤバい。
どうしよう。
学校に行こう、でもすでに昼下がり。
兎に角電車に乗っていこう。
・・・ここで、なんだかんだもたついて家を出るのが夕方になってしまったり、
大学についても自分の行くべき教室がわからなかったり、
教科書をすっかり忘れてきてしまっていたり。
授業には出られません。
 
・・・久しぶりに夢診断にかけてみました。
 
夢の内容:学校に行かなければいけないのに忘れていた。 学校についても教室が分からない。 教科書も忘れてしまった。
診断結果:あなたの夢は、規律や上下関係に反発し、トラブルを招く恐れを暗示しています。頭に血が上りやすい時期です。自分の意見だけを貫くのではなく、相手の意見にもきちんと耳を傾ける努力が必要です。冷静になって吉。自己中心的な考えにならないようにしましょう。
・学校に関する夢は、これからしばらく仕事や用事に忙殺される事を示しています。
・何かを忘れる夢は、あなたの計画に何か見落としている点があって、そのためにうまくいかなくなる可能性があることを示しています。
 
・・・入社して初めて、製品量産技術にかかわっていて、てんやわんやの忙しさだったこの一年。
上司との技術的な意見衝突で喧嘩気味の勤務だったことも新鮮でした。
これだから怖いんです、夢診断って。
ガチだから。
 
徒然狸 ―タヌキの日記―
 

筆者は盲導犬尊敬し、個人的に応援しています。
中部盲導犬協会:http://www.chubu-moudouken.jp/
日本盲導犬協会http://www.moudouken.net/





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。