徒然狸 -タヌキの日記-

冬が来たんじゃない、秋が深まったんだっ

久しぶりのミッションについて

術後一カ月。
肩動かしてもいいよ・・・動くものならね!!
という医者の許可もおり。
肩を動かすためのリハビリはまだやっていないので、気を付けをした状態からまだ30度くらいしか動きませんが、生活はかなり便利になりました。
ギリギリですがキーボードに手も届くので、快適な両手タイピング生活を送っています。
で。
久方の光のどけき秋の日なので、一カ月ぶりにミッションに行ってきました。
「ヨコスカ海猫散歩 観音崎探検編」18連、ミッション。
以前、横須賀に自衛隊ミッションをやりに行きましたが、今回のミッションエリアはその後半部分。
つまり前回のミッションの半分くらいの労力のはずで、リハビリ替わりにはちょうどいいや☆とか思ったが甘かった。
 
いわゆる「岬」って、平べったいわけではなく小高い山になっているケースが多いと思います。
で、観音崎もその手のあれで、遠くから見るとこんもり盛り上がっています。
・・・まさかその山の中を練り歩く羽目になるとは思っていませんでした。
 
最初は海岸線を歩いていたのですが、ふと住宅街に入ったかと思うと、ルートはその先の謎の階段に続いている。
ひゃっほうハイキングだーとか思っていたら、あっという間にこういう状況に。
 

 
舗装されていますが坂あり階段あり、結構な高低差です。
どっちに行ったらいいのかわからん箇所も割とあり、軽めの遭難気分。
方位磁石を持っていて正解でした。
・・・いやまあ、迷っても死にはしませんが、その分歩く距離が延びるので・・・。
 
そしてようやく海岸線に出る。
 

 
やっぱり標高0の世界は美しい。
あー疲れたわー、久々に歩いたのが山道だからちょっと膝も痛いし、とか思いつつしばらく歩いていくと。
進行方向がまたも、謎の階段を示しておるではないか。
 

 
いやだ!
もう山道は嫌だあああ!
と駄々をこねても仕方がありません。
ここでやめるとミッションメダルが大変中途半端な状態になってしまいます。
仕方ないので突撃。
・・・いやん、今度は舗装すらされていません。
獣道です。
階段はやや湿った赤土、雨で浸食されて痩せているので高低差が増しており、足場の丸太も頼りなさげに荒れています。
はっきり言ってスマホを手に持っていると危険なのでぽっけに収納。
どこまーでーつづーくのー
土の道ー
  

 
ようやく岬の灯台を周り、再び海岸線に出。
バス停まで歩いてミッション完了となりました。 
そして得たミッションメダルがこちら。
 

 
ねこー。
歩行距離13 kmにもかかわらず、前回18 km歩いたときと同じ5時間かかりました。
おそるべし山・・・。
 
そういえば、海岸線を歩いていた際、道端の草むらにうさぎがいました。
 

 
どっかから脱走してきたのでしょうか。
脱兎のごとく。
山の中ではリスも見かけました。
明らかに何かの生き物がいる「ガサッ」という音もひっきりなしに聞こえました。
・・・横須賀ってわりと動物がいるんですね。
 
徒然狸 ―タヌキの日記―
 

筆者は盲導犬尊敬し、個人的に応援しています。
http://www.moudouken.net/





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。