徒然狸 -タヌキの日記-

冬が来たんじゃない、秋が深まったんだっ

ガチ勢について

イングレスは「ゲーム」ではありますが、VRではなくARのゲームである所に強い特色があります。
つまりイングレスにおけるエージェント同士の戦いは、現実社会でのある種の物量戦であり、時には本当に命がけの戦いにもなるのです。
例えば、日本列島全体を一気に「陣地」にしようとすると、日本列島を覆うように「リンク」を張る必要があります。
これはつまり、海外の人間と実際に対面するか、自分で海外渡航するしかないわけで。
実際に、海外に飛んでリンクを張りに行くエージェントも珍しい存在ではないらしく。
・・・え、それって意味あるの?ゲームでしょ? って感じですが。
つまり本気になろうと思えばいくらでも本気になれる、究極の遊びの一つなのです。
 
で、どれだけ究極かといえば。
 

北朝鮮を陣地にする奴があるか。
国際問題になりかねんわ。
 
 

スネーク、今すぐスマホをしまって物陰に隠れて。
そこはアフガニスタンよ!
 
 

かがくのちからってすげー!
なんきょくでもスマホがつかえるんだな!
 
 
飲む・打つ・買う・イングレる。
新世代の大人の遊び。
 
徒然狸 ―タヌキの日記―

筆者は盲導犬尊敬し、個人的に応援しています。
http://www.moudouken.net/





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。