徒然狸 -タヌキの日記-

冬が来たんじゃない、秋が深まったんだっ

カメラのこと

カメラを買い換えようかと思ってます。
先の自転車買換えからの連続買換え企画ですが、無計画な散財ではなくここ一年の二大買換え計画でございます。
自転車はまあ、性能と地形が合ってないため苦労を感じていたので買い替え。
カメラのほうは本格的に不調でして。
写真を撮るためにぽちぽち設定をいじっているといきなり動画撮影が始まったりする、電気系統のガチ不調です。
修理に出せばいいじゃんというもったいない精神もあるのですが、すでに保証は切れており、そもそもが展示処分品だったこともあり、まあ、買い替えても罰は当たらんかなという塩梅です。
メーカーは、これまでいろいろ渡り歩いてきました。
カシオの大型レンズ搭載モデル、ニコンのコンパクト、そして現在のは富士フイルムのコンパクト。
基本的に物持ちがよく、世代をまたいで使ってきたので単純比較はできないのですが、今使っている富士フイルムのが一番、見たままの色合いで記録できる感じでした。
ただ、ピント調整がもっさり遅い。
その点、人から借りて使ったことのあるソニーはピント調整がすばやいのが印象的でした。
なのでせっかくだから次はソニーにしてみようと思います。
で。
Webサイトを見てみると、なんだかラインナップが極端です。
これまで使ってきたふつーのコンデジモデルが、一万円代とえらく安い。
 

 
じゃあ三万くらいのは?と思うと
 

 
光学30倍ズームモデル。
いらん!
 

 
レンズスタイルカメラ。
お帰りください。
 
で、最高にちょうどいい、大型センサ搭載のコンパクトタイプは五万円台から。
 

 
うーむ。
最高にちょうどいいやつ、ほしいな。
そういえば来月は棒那須だな。
 
なにを贅沢な、という感はありますが、ただし趣味に使うだけのものでもなく。
うちの会社の製品、外観品質が結構問題になり、レポートに掲載するための写真もしばしば撮影するのですが。
(※編集部注 品質が低いのではなく、要求品質が非常に高いため)
人間の目で見てどうこう、というレベルの微妙な印象を記録する必要があり、スマホのカメラでは心許ない。
部署にあるコンデジは使用頻度が高く、必要なときに貸し出し中のことも多い。
部署にあるデジタル一眼は高級品過ぎて触るのも怖い(笑)
というわけで自前のコンデジを使うことが結構あるのです。
うーん。
  
うーーーーむ・・・。
 
徒然狸 ―タヌキの日記―
 

筆者は盲導犬を尊敬し、個人的に応援しています。
https://www.moudouken.net/





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。