徒然狸 -タヌキの日記-

冬が来たんじゃない、秋が深まったんだっ

何の面白みもない料理について

ここ一年ほど、月に一回くらいはミルフィーユ鍋を作っては食っています。
テレビCMでおなじみの、白菜と豚肉を交互に並べたあれです。
味付けは、普段はエバラ「鍋キューブ 鶏だしうま塩」を使っていたのですが、あいにく品切れ。
なので、斎藤鍋を作るときに買った日高昆布も残っているし自己流で作ってみたところ、ハイパー美味い。
どこも錯綜してませんが、せっかくなので載せときます。
ポイントは、一番だしをベースにすることと、豚小間を使うこと。
本家では豚バラを使っていたと思いますが、あれはものすごく脂っぽい。
豚小間でちょうどいいのです。
 
●料理の名称:奥義No. 1ミルフィーユ鍋
●出来上がるもの:ごく上品な味わいのミルフィーユ鍋
●調理時間:30分
●推定熱量:600 kcal (白菜:100、豚小間:500)
 
●材料 (漢の1人前)
・水:300 cc
・日高昆布:5 g
・本だし:小さじ1
・塩:小さじ1/2〜お好み
・日本酒:少々
・白菜:1/4株
・豚小間:200 g
 
●調理法
1.鍋に水と日高昆布を入れる。
2.中火にかける。湯気が立ち、なべ底に小さな気泡がついたら昆布を除去する。
3.本だし、塩、日本酒を加え、ひと煮立ちしたら味を見て整える。
  雑炊を作っているつもりで調整するとよろしいかと。
4.白菜を束のまま、一枚ずつ水洗いする。
5.豚肉を一枚ずつ挟み込んでいく。
6.包丁で肉もろともざく切りにし、例の感じで鍋に詰める。

7.沸騰状態を保ち、20分煮る。
8.食う。
 
出汁で雑炊を作ると運気が向上する。
 
徒然狸 ―タヌキの日記―
 
 





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。