徒然狸 -タヌキの日記-

明けぬ夜の燈明

個人的ちょっとした衝撃

ふとした拍子に検索して知ったんですが。
ダルベッコ博士。
なんと、今年2月に亡くなってたんですね。。。
まあ、多くの方には誰だそれって感じですが。
細胞系の方はよくご存知の、ノーベル賞受賞者です。
ただすごいのが、ノーベル賞受賞者だからってわけじゃなく。
世界中で使われている試薬に名前がついてる人なんですな。
ダルベッコ変法最小構成培地・・・D-MEM。
ダルベッコリン酸緩衝生理食塩水・・・D-PBS
このふたつの試薬、化学で言うなら純水とか溶媒とかのレベルの、非常に基本的で絶対必要なものです。
そんなものに名前がついている。
細胞生物学を独学した頃は、本当に基本的なこと・・・培地とか生食とかの処方に疑問が湧いたりして、ダルベッコ氏の論文を読んだりもしました。
教科書とか辞書に登場する人。
生物学のアインシュタインとかニュートンとか、そのレベルの人なんですな。
・・・いやですなぁ・・・
 
徒然狸 ―タヌキの日記―
 
 

筆者は盲導犬を個人的に応援しています。
下記のリンク先にあるボタンをクリックすると、(社)日本盲導犬協会に対して1円が募金されます。
どうか、ご協力ください。
http://kakaku.com/donation/
募金は株式会社カカクコムが代行して行いますので、あなたには金銭的負担は生じません。





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。