徒然狸 -タヌキの日記-

明けぬ夜の燈明

うなぎと打撃

さて、そろそろ出張地がバレそうですが。
この地域は食べ物の名物が結構有り。
特に鰻は、有名店でも特上が3000円未満という低価格で食えるのです。
というわけで鰻を食いに行く。
この県ならこの店、という店を2chで聞き、GO。
混むかなと思い開店前に行ったら、すでに数人来ている状態。
流石ですな。
で、特上だと食い切れない気がしたので(鰻の特上、上、並とかはうなぎの量で決まる)上をいただく。
うまいです。
炭火焼で香ばしく、表面はパリパリですが中はとろとろ。
上でも結構量があり、ギリギリ食べられました。
価格は2000ちょい。
素敵な地域です。
 
ここに潜入する際、生活用品を経費で揃えたのですが。
フライパンに問題が。
直火用のを買っちゃったんですね。
でも住居はIHヒータもどきの電熱器。
ガラス天板の下でヒータが発熱し、ガラスを通じて熱を伝える感じのものです。
直火用のフライパンは、底部が局面になっています。
それをガラス板に乗せると、フライパンはガラスに対し点で接触することになり、熱伝導効率が非常に悪いのです。
やきもきしていたのですが、ふと思い出す。
そういえばプロレスのパフォーマンスか何かで、フライパンをねじ曲げる、ってのがある。
つまり安いフライパンってのは板厚が薄いので、結構簡単に変形できるのですね。
フライパンが裏返るように柄を持ち、底面に掌打2発。
見事に平らになりました。
熱伝導率抜群。
今までの感覚で料理してたら普通にこげました。
これも、自分に必要な道具は自分の手で作るものづくりのちからの一つなんでしょうか。
腕力という説もありますが。
 
徒然狸 ―タヌキの日記―
 

筆者は盲導犬を個人的に応援しています。
下記のリンク先にあるボタンをクリックすると、(社)日本盲導犬協会に対して1円が募金されます。
どうか、ご協力ください。
http://kakaku.com/donation/
募金は株式会社カカクコムが代行して行いますので、あなたには金銭的負担は生じません。





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。