徒然狸 -タヌキの日記-

冬が来たんじゃない、秋が深まったんだっ

ゲッツ

フォーク本日最終日。
朝からフィールドに本番用のコースが敷かれていまして。

やることは簡単。

スタート(1)したら右折。
高さ150cmくらいの台(2)の上に重さ1tの四角い荷物(3)が置かれているので、それを回収し、コース上にあるもう一箇所の台(4)まで運び、荷物を置く。
その後バックしてゴール地点(5)に行けばいい。
簡単です。話は。
実際やるとなると面倒なんですよ。
試験が減点方式でして。
白線を踏む、障害物に当たる、(荷物をうまく取る&置くために)自機の位置調整を繰り返し行う、前進・後退時の指差し安全確認を怠る、荷物を急降下させてしまう、フォークの爪をパレットにこする、等等等。
全部、減点対象です。
荷物を回収する・置くという操作にしても、ただ持ち上げればいいだけではなく。
荷物は、一回だけの持ち上げ操作では安全に回収できないように設置してあるので、まずちょっと持ち上げて位置をずらして、再度持ち上げて回収しなければいけない。

運んだ先の置き場には四角い枠があり、その枠の中にきっちり収めないと減点。
もちろん時間制限もあり、制限時間を超えるとそれも減点。
あるゅう先生を彷彿させます。
 
でまあ、もちろん一発でできるわけはなく、朝から何度も練習してから、試験をします。
・・・その練習回数が多すぎまして。
なにしろ炎天下。
最初の二三回はほぼ完璧にこなせてたのに、徐々にミスが増え始め、体力の限界に来たあたりで本番の試験。
ええまあ。
ちょっとアクセルとブレーキを間違えて、急旋回地点で急加速しましたが、それ以外は何とかなりました。

免状ゲッツ。
もっとちゃちいのかと思ってたら、ホログラム加工が施されており、中型免許より見栄えがします。
さて、これで輸送重量1t以上のフォークを運転できるようになったわけですが。
写真のフォークは1.5tなんですがね。
・・・我社にある最大のフォークは何トンか知りませんが、戦車級のやつで、いずれそいつも運転する必要があります。
操作を誤ると人をひくどころか、建造物被害が出るレベルです。
・・・扱える気がしねえ・・・
 
徒然狸 ―タヌキの日記―
 
 

筆者は盲導犬を個人的に応援しています。
下記のリンク先にあるボタンをクリックすると、(社)日本盲導犬協会に対して1円が募金されます。
どうか、ご協力ください。
http://kakaku.com/donation/
募金は株式会社カカクコムが代行して行いますので、あなたには金銭的負担は生じません。





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。