徒然狸 -タヌキの日記-

冬が来たんじゃない、秋が深まったんだっ

病弱キャラと暇つぶし

3日 土曜日
研究室で書類を書いていると、どうも眩暈がする気がした。
ははあ、酒が抜けていないなと反省する。
 
4日 日曜日
寒空の下、小一時間ほど花見をする。
 
5日 月曜日
寒気がして目が覚める。
体温を測ると38.8度。
下官に研究室欠席の連絡をいれ、一日中寝ている。
 
6日 火曜日
えもいわれぬ不快感で目が覚める。
体温を測ると39.7度。
さて、風邪にしては鼻も咳も出ない。
腹が下ってはいるが、食欲はある。
意味がわからんので病院へ。
現地で検温。
40.0度。
インフル簡易診断は陰性。
扁桃腺の腫れもなく、胸部X線所見も異常なし。
採血され、翌日結果が出るのでもう一度来いといわれる。
 
7日 水曜日
熱はほぼ下がったが、血液検査の結果を聞きに病院へ。
・・・異常あり。
炎症反応という因子が18.0あるらしい。
健常者は0-0.3。
お年寄りの重症者でも18は出ないらしい。
本来なら即入院だが、物は食えるので、1日2回の通院点滴(抗生物質)と絶対安静を言い渡される。
原因は過労とストレスだろうとの事。
葉子とタヌキのネタに「作者はもうすぐ死ぬんじゃないか」というのがあったが、洒落にならなくなった
 
というわけで、病弱キャラになりました。
医者の言うには、家にいるだけではダメで、とにかく寝ていろ。
電話にも出るな。
というレベルらしい。
・・・とは言うものの、細胞はいるし、就活の真っ最中でもある。
今週末は大手某社の面接。
この時期にこけたら、なんの誇張もなく、無職決定である。
・・・というわけで、止むを得ないときは外出させて頂きます・・・。
 
今回だけは本当に洒落になってない
徒然狸 ―タヌキの日記―
 
 
ところでまあ、点滴と言うのは暇なもんです。
ベッドに寝かされると、本も読めません。
そこで、ひとつの暇つぶしの方法を考案しました。
この点滴が何分で終わるのか計算するんです。
水の一滴と言うのは、まあ大体0.05mlです。
次に、点滴が一秒間に何滴落ちているかを観察します。
決まっているのか知りませんが、私の場合は1秒に2滴でした。
つまり、1秒で0.1ml消費されるわけです。
最後に、点滴バッグの容量を確認して、終了時間を割り出します。
100mlなら1000秒ですから、大体16-7分ってところですね。
さぁみなさんもレッツトライ。
 
やぶれかぶれの
徒然狸 ―タヌキの日記―
 
 
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
筆者は盲導犬を個人的に応援しています。
下記のリンク先にあるボタンをクリックすると、(社)日本盲導犬協会に対して1円が募金されます。
どうか、ご協力ください。
盲導犬協会へクリック募金
募金は株式会社カカクコムが代行して行いますので、あなたには金銭的負担は生じません。





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。