徒然狸 -タヌキの日記-

明けぬ夜の燈明

成功と問題

ビンキュリン染色に成功しました。
写真。
細胞ちゃんがふたつ写っています。
中にある黒丸は核です。
そして緑色のつぶつぶですが、これがビンキュリンで、つまり、細胞はこのつぶつぶの部分で基板に接着していることを意味しています。
つまり、接着斑が見えているわけです。
ただ、このビンキュリンを染めるために細胞の固定化の方法を変更しているのですが、そのせいか、アクチンの解像度がイマイチのような気もしました。
(アクチン……細胞の骨格タンパクで、繊維状に見える。この写真には写っていないが、撮影法を変えるとちゃんと染色されていることがわかる。つまりこの細胞は二重染色されている。あいにくアクチンもビンキュリンも発現量が多く、画像を合成するとごちゃまぜになるのでここではビンキュリンのみ表示している)
あと、ビンキュリン自体ももう少し蛍光強度がほしいところ。
いつもの固定法も試したほうが良さそうな気もします。
しかしまあなんにせよ、一発でここまで見えたのでよかったです。
 
が、観察中に問題が併発。
オプションの焦点合成ソフトが動かなくなりました。
おそらくハードウェアキー関連のエラーなのですが、解決できず。
(まあそのせいで純正のソフトの方を使ってみたら、思いの外きれいに撮影できたんですが……)
しかたないので代理店に連絡を入れることにします。
設定の難しいソフトなので、自分で再インスコするわけにもいかんし。
 
= = =
 
骨芽細胞:オステオブラスト→オスブーさん
破骨細胞:オステオクラスト→オスクーさん
……
オスブーさん→ぶーちゃん
オスクーさん→クーちゃん
……なんか聞き覚えが!!(笑)
毒子の方は最近復活したらしいですが、空は更新止まってますな……。
頑張って欲しいです。
 
で、空の作者の新刊が冬に発売されるそうで。
……キャシャリン、頼む……。
サポセンは諦めるからこっちだけお願いします……。
 
= = =
 
タヌキに聞いてみようのコーナー。
一度でいいから見てみたい
「細胞全滅する瞬間」
それでは、また明日!
 
= = =
 
先日買ったAtomSSD搭載のミニパソのベンチマークしてみました。

まず、C2D搭載のX60のスコア。
ALL:64624
Integer:286570
Float:189851
MemoryR:155750
MemoryW:79917
MemoryRW:164351
DirectDraw:49
Rectangle:14769
Text:16471
Ellipse:6760
BitBlt:1115
Read:37440
Write:36388
Copy:23501
Drive:C:\100MB
 
つぎに、Atom搭載ファンレス無音超ミニノートのスコア。
 
ALL:118190
Integer:92968
Float:63829
MemoryR:47326
MemoryW:47935
MemoryRW:84002
DirectDraw:29
Rectangle:10699
Text:18201
Ellipse:4007
BitBlt:675
Read:591907
Write:2477
Copy:1054
 
そらまあ、全般的に負けてますが。
なぜかテキスト打ち出しが勝ってる・・・。
そして。
 
X60
Read:37440
 
Atom
Read:591907
 
・・・。
一桁違う!?
さすがSSD、ということなのか?
データ読み出し速度が15.8倍!
どおりで休止からの復活がスタンバイ並みに早いわけだ・・・。
うーむ・・・。





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。