徒然狸 -タヌキの日記-

明けぬ夜の燈明

卒業でござるよ…… の巻

本日、学位授与式。
マスターの称号をいただきます。
もうこの学院には、いつもつるんでいた類の連中はほぼ存在していません。
居室も引き払われているため、連絡を取り合わなければ戦友達にも会わない可能性すらあります。
悲しい夢のようです。
 
0740、起床。
最高気温14度、天候は小雨。
予報では15時くらいまで降り続くとのことだが、当方は強力な晴れ男であるため、出発までには止むことを確信する。
 
0935、出立
ネクタイに多少てこずり5分ほど出遅れるが、30分の余裕は見てあるため問題は希薄。
タイピンは高校卒業時にいただいた学院特製品。
十字架が光る。
雨は案の定止んだ。
超常現象がかっているが、いつものことなのであまり気にしない。
現地では降っているだろうが、最寄り駅までの自転車区間で降られなければ問題はない。
 
1027、現地駅到着
案の定雨は降っている。
会場に向かう。
 
1100、授与式
聖歌も校歌も歌い納めである。
ドクターは一人ずつ呼ばれるので時間がかかる。
少し意識が飛ぶ。
 
1230、学生証と引き換えに学位証と修了証明書、成績証明書、記念品をいただく。
成績証明書の一部はすぐに奨学金窓口へ提出。
研究室からリッターの洗ビン二本をパクる。
 
1300、立食会
ドクターと二人で飯だけ食って逃げようとしたところ、K女史らに捕る。
両脇を固められ写真を撮られる様はなんぞの容疑者である。
 
1330、脱出
雨が上がった。
本屋に寄ろうかと思ったが意外に荷物が嵩むので、明日にする。
明日は学部の卒業式。
花を渡しに赴く予定。
 
マスターか……
されど単なる通過点
さらに進学する者の
冥土の旅の一里塚
先に待つのは栄光か
はたまた鬼か、蛇が出るか
墨痕鮮やかなる証書
荒む心を逆撫でる
めでたくもあり、めでたくもなし
 
ところで、学部と院で同じ記念品を配るのはやめていただきたい。
寸分たがわぬガラスの塊が二つに増えました。
全然別の物にしてくれとは言わないから、せめて「大学院卒業記念」とか書いてくれてもいいじゃん・・・





 NHK(日本放置協会)は放置される側の団体です。